2011年03月19日

本日のコメント

おはようございます森川智之です。拙いコメントですが、お付き合いください。

皆さんもご存じの通り、3月11日金曜日に、東北地方を中心に巨大地震があり、たくさんの尊い命が奪われてしまいました。

地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
また、震災に遭い、大切な家族や友人知人を亡くしてしまった方々には、心からお悔やみを申し上げます。


昨日、私は以前より交流のある、宮城県白石市で、災害対策本部を置く風間康静市長と電話で話をしました。
お忙しい中、私に訴えてくれました。
東北の海岸側の街は、津波により、たいへん大きな被害にあっているとのこと。

白石市のみなさんは復興に向け頑張っているとのこと。

救援物資はいまのところ白石は足りてはいるようです(3月18日09時30分現在)。

そして、今私たちに、なにか出来ることは?とお聞きしたところ、市長はラジオやブログ、様々な手段で森川さんの力で被災地にエールを送ってみんなを元気づけてくれとのことでした。そして私は約束しました、もちろんエールだけでなく、復興のため、被災したみなさんのために、今後、出来る限りの協力をするから頑張ってくださいと約束をしました。
いまだけでなく、復興にはこれから何年も何年もかかります。
被災地以外のみなさんは、出来るだけ普段の生活をすることが、被災地のみんなを助けることになるのです。日本経済を停滞させては、復興にかける支援の力も弱まってしまいます。首都圏や西日本、被災に遭っていない地域に元気がなければ力強いバックアップができません。
ベルラジも長期復興支援のために何が出来るか考えています。
皆さんも是非被災地の立場になって考えてください。

どうか、被災されたみなさんのためにも、平和で思いやりのある健全な日本人の生活を取り戻すためにも、今は力を合わせて、頑張っていきましょう。

東日本のみなさんは節電を心がけましょう。
余震が続いています、適宜、冷静に対応し行動することが大切です。
不安を煽るようなデマなどに流されず、テレビやラジオの正確な情報で、冷静にしっかりと対応していきましょう。

憂い嘆かず、未来に向かっていきましょう。



地震発生からの数日間は、当然ながら、大きな余震や、電力不足、そして、被災地で多くの人命救助が続く中、人の集まるイベント興行などは、安全確保、電力確保のためにも、中止、延期等になりました。どうかご理解、ご了承ください。

しかし、私たちが止まっていては前に進めません。
力を合わせましょう!
私たちには知識があります、それを知恵に変えることができます。そして知恵を知性で包み、復興のために使いましょう。
必ずや、立ち上がることが出来ます。

※私は無事です安心してください。心配してくれてありがとうね。
世界中からメールが来ていて、心が熱くなりました。感謝感謝。
私は大丈夫ですから、どうか、復興のため、被災してしまったみんなのために力を合わせましょう。

大丈夫!


夢言実行です!


森川智之
posted by radiobell at 08:10| 森川智之